りんごとバナナとエンジニア

エンジニア修行の記録

「レガシーコードからの脱却」を読んだ感想

昨年の10-12月まで、社内の輪読会で「レガシーコードからの脱却」を読んだ。(最初間違えて「レガシーコード改善ガイド」を買おうとしたのは内緒だ)

www.oreilly.co.jp

感想など

タイトルの通り、レガシーコードが増えていく企業ソフトウェアの開発ノウハウについて書かれた本。前半はアジャイル開発の方法論がメインで、正直この辺はより詳しいアジャイル本を読んだ方が良いと思う。しかし後半になると、単なるリファクタリングにとどまらない本質的な内容がたくさんあった。

ペアプログラミングの恐怖を乗り越える

過去に何度かペアプログラミングを行ったことがあるが、正直あまり良い印象を持っていなかった。会議室に一日中際限なく拘束されるうえに一挙手一投足を監視され、場の空気が非常に重くなりチームとしての生産性も非常に低かったからだ。
しかし8章を読んで、ペアプログラミングに対する誤解に気付かされた。良いペアプログラミングを行う前提として、「全員が問題を理解していること」そして「全員がメンターでありメンティーであること」が重要となる。ジュニアであっても時には問題解決のためにシニアに助言や意見を言うべきであり、全員が同時に問題解決にあたりディスカッションが自然と起こるような場作りが重要になる。ただ長く集まったり、交代でキーボードを打てば良いというものではない。
それでもペアプログラミングの気が進まないという人のために、本書では代替案も提示している。例えばある小さな問題を調査するために時間を区切って集まるスパイクや、1時間だけ2人が集まりお互いのその日のコードをレビューするバディプログラミングなどがある。大事なのは孤独な作業に徹することではなく、どのような形式であれチームメンバーと協力しあうこと・助けを求めることだ。

CLEANコードの意義

CLEAN原則についてはいろいろな本で目にしており頭では知っていたが、本書の9章を読むことで心で理解できた気がする。5つの原則(凝集性・疎結合カプセル化・断定的・非冗長)は根元では全てつながり合っており、その意義は「結合すべきものは結合し、分離すべきものは分離している状態」を作り出すことにある。こうすることで、レガシーコードを最小限に抑え、ソフトウェアの保守・拡張を容易にすることができる。
また、むやみやたらに責務の分離をさせるのも良くない。12章に書かれているが、「銀行に行く」というTODOを分解して「電車の切符を買う」というような細かすぎるタスクを作る人はいない。個々のクラスの責務が過不足なく意味が通るレベルにすることで、コード全体の抽象度が揃い、責務がわかりやすくなる。

創発設計

テストファーストで実装し、常にレガシーコードにならないように気を配りながら書いていくと、責務の分割や名前などに課題が見つかっていく。これを繰り返していくと、書いている途中でより良い設計が浮かぶ。最初にすべての設計を決めてからそのとおりに実装するよりはるかにましになる。この流れを本書では「創発設計」と呼んでいる。
このやり方は初心者には厳しいものがあるかもしれないが、アジャイル開発を行っている際に仕様や実装が大きくひっくり返る経験は何度もしたことがあるので、それが言語化されてとても共感できた。

既存のアーキテクチャに無慈悲になる

最終章に少しだけ書かれていた言葉だが、非常に刺さった。自分はどうしても「既存の設計を学んで理解する」ことに意識を向けがちだが、そこで終わらず「既存の設計の問題点を理解する」ところまで行かなければ、そもそも改善しようという発想に至らない。レガシーコードを改善するためには、まず目の前にあるものがレガシーコードではないかと認識する必要がある。
改善案も既存の設計をベースにした小さなものばかりではなく、時には全く新しい設計にする方が優れたコードになるかもしれない。そのような改善には新しい知識や経験が必要になることもあり、そのために自分たちは業務内だけでなく業務外でもより多くの技術を身につける必要がある。ここは自分の大きな弱点なので、少しずつ考え方を変えていきたい。

まとめ

真新しい概念は出てこないが、今まで知っていた概念とその意義を腹落ちさせてくれる良書だった。輪読会という形式で1章ずつ精読していったことが功を奏したのかもしれない。時間がかかってもじっくり読みたい本だと思う。