りんごとバナナとエンジニア

エンジニア修行の記録

sh -cでコマンドを渡すときはシングルクォートを使う

KubernetesのPod内の環境変数が正しく設定されているかを確認しようとして、以下のようにしたところ、何も出力されなかった。

$ kubectl exec -it pod_name -- /bin/sh -c "echo $VAR_NAME"

Podの中に入って確認すると正しく出る。

$ kubectl exec -it pod_name -- /bin/sh
# echo $VAR_NAME
test

これは、 /bin/sh -c に渡したコマンドがダブルクォートだったことが原因。 sh -c を使うと、 -c 以下で渡したコマンドを sh で実行させることができるが、ダブルクォートにしてしまうと kubectl を実行しているシェルで変数が解釈されてしまう。 $VAR_NAME という環境変数はPodの中にはあるがhostでは設定されていないので、単なる echo を渡していることと同じになり、何も出力されずに終わる。

正しく確認するには、シングルクォートで渡せば良い。シングルクォートで囲われた内容は展開されないため、 $VAR_NAME がPodに渡る。

$ kubectl exec -it pod_name -- /bin/sh -c 'echo $VAR_NAME'
test