りんごとバナナとエンジニア

エンジニア修行の記録

netcatのzero I/Oモードで疎通確認する

疎通確認をする際はcurlwgetを使うことが多かったが、CKADの講座で講師がnetcatを使っているのを見て調べてみた。

netcatはサービスとの通信を確認できるコマンドであり、たいていのLinuxディストリビューションに同梱されている。KubernetesのPodに入ってコマンドを打つ場合、imageにcurlが入っていないというようなことも多いので、使えるようにしておくと便利かもしれない。

netcatでの通信は、基本的に相手のホスト名とポートを指定すればよい。

nc google.com 80

これに加え、netcatではzero I/Oモードを使ったポートスキャンを行うことができる。これはパケットを飛ばさず、相手のポートに接続できるかのみを確認するモードで、接続に成功すればすぐに接続が閉じられる。実際にデータのリクエスト・レスポンスをすることがないので、疎通確認に適している。

CKAD講座では、Podの中からService名を指定して疎通できるか確認していた。

nc -z -v -w 1 service-name 80

-z でzero I/Oモードを使える。 -v は詳細な出力をするオプション。 -wタイムアウト判定までの秒数を指定するもので、これを指定しないと接続に失敗した場合コマンドが終了しない。